磁器尽くし(白樺)
涼しげな磁器を描いてみました。
中国は明代末に景徳鎮の窯で焼かれた、古染め付けや祥瑞の器です。
もちろん、実物が手元にあるわけではありません。
明治期の日本の絵師による絵図を元に、平成の今、わたしも描いてみたというわけです。
 
  サイズ
縦270ミリ×横330ミリ
  価 格
30,000円(税別)
サイトで使用されている全ての作品を無断で転載・引用することを禁じます。